キャバクラのアフターとは

キャバクラのアフターとは?メリットと注意点を解説

キャバクラのアフターってどんなものか知っていますか?

営業時間が終わってからのお仕事でありながら、お給料ももらえないアフターですが、活用次第で売り上げアップにつながるんです。

今回は、そんなアフターのメリットや注意点を解説します。

 

アフターとは

キャバクラのアフターとはどんなもの?

キャバクラなどのナイトワークでのお仕事のひとつ、アフターとは、お店の営業時間が終わった後、お客様と一緒に出かけることです。

時間・行き先の指定はなく、高級料理店やカラオケ、バーや系列のキャバクラ店など様々な場所でひと時を過ごすことになります。

お客様とお店の外で会うという点では同伴とも似ていますが、アフターはバックなどのお給料が発生しません

いわゆる、サービス残業のようなものです。

そのため、同伴に比べてアフターは「キャバ嬢のプライベート時間を独占している!」という特別感が強くなります。

キャバ嬢にとって直接的な利益の発生しないアフターですが、どのようなメリットがあるのでしょう。

アフターのメリット

キャバクラのアフター、メリットとは

次回来店につなげるアプローチ

お店の外で会うことによって、お客様との親密度が上がるという部分は、同伴と同じです。

しかし、一緒にお店まで来ることが確定している同伴と違って、アフターをしたからといって絶対に来店につながるわけではありません。

キャバ嬢にとっては、お給料も発生しない上に来店の確信もないアフターはなるべくしたくありませんよね。

そんなアフターですが、キャバ嬢側に直接的なメリットがないからこそ「あなただから」という特別感を演出することができるものでもあるのです。

「このキャバ嬢にとって自分は特別だ」という感情が芽生えることによって、「また会いに行こう」という気持ちになります。

もうひと押し!なお客様へのアプローチとしてうまく活用すれば、常連さんになってくれるかもしれませんよ。

指名かぶりのフォローにも活用!

せっかくお店に来てくれても、場合によっては指名してくれるお客様がかぶってしまい、テーブルを離れなければならないこともあります。

よく来てくれるお客様や、今後定期的に来てくれそうなお客様であれば、「今日はつまらなかったな」と思わせてしまうのは避けたいですよね。

そういう時に活用できるのが、このアフターです。

なんだか今日はつまらない思いをさせてしまったかな…と思ったら、「この後、アフターに行きませんか?」と自分から誘ってみましょう

そこで、なかなかテーブルにつけなかったことへのフォローをすれば、「気にしてくれていたんだ」と嬉しくなってくれるはずです。

「今日の指名客のなかでは自分が一番なんだ」という優越感を持たせることもできるので、これからもっと通ってくれるようになるかもしれません!

普段は行けないお店で食事も

アフターの行き先に決まりはありません。

お客様行きつけの高級なお店に連れて行ってもらえることもあります。

アフターで行きたいところを聞かれた時のために、気になるお店をリストアップしておくのもよいでしょう。

お仕事の一環ではありますが、プライベートでなかなか行けないところに行ける!という楽しさもあります。

ナイトワーク専門求人情報サイト「ナイトアルパ」

アフターの注意点

キャバクラアフターの注意点

アフターはその場で約束!

アフターの約束は、接客中にお客様から提案されることが多いようです。

同伴と違って、アフターそのものには料金が発生しないこともあり、お客様にとっても誘いやすいのです。

そのため、「今日、アフターに行かない?」というお誘いに、その場でお答えしなければならない場面がたくさんあります。

なんでもかんでもOKしていると、のちのち大変なことになるかもしれません。

その場で慌てないように、あらかじめ答えをいくつか用意しておきましょう。

翌日の仕事の予定は?

アフターは、お店での営業が終了してからのお仕事です。

そのため、通常のキャバクラであれば夜中の1時からアフタースタートというような形になってしまいます。

おまけにアフターには時間制限がありません。気がついたら明け方までお酒を飲んでいた、ということにもなりかねないのです。

お昼の仕事とかけもちしている場合や、学校に通いながらキャバクラで働いている場合、疲れが残ってしまったり体調を崩してしまうこともあります。

アフターに誘われた時は、翌日の予定を思い出しながら返答を考えましょう。

特に予定がない場合も、「○時までならOKです!」と時間を指定すれば、気兼ねなく解散することができるのでおすすめです。

飲み過ぎてない?

アフターとは、お酒の飲み過ぎに注意

キャバクラにいると、キャバ嬢もお客様もいくらかはお酒が入っている場合がほとんどです。

あまりお酒を飲んでいると、アフターで行った先のお店で体調が悪くなってしまうなど、迷惑をかけてしまうかもしれません。

また、お客様の様子もよく見ておくことを忘れないようにしましょう。

普段は優しいお客様でも、お酒に酔っていると気が大きくなってしまう方もいらっしゃいます。

そんなお客様と二人きりになってしまうのは危険な場合が多いので、普段の接客中の様子をよく見ておきましょう。

アフターに行っても大丈夫?きちんと見極めよう

お店の外に出てしまえば、あなたを守ってくれるものはありません。

そのため、アフターに行っても大丈夫なお客様かどうか、あなた自身がきちんと判断しなければなりません。

お店での態度がすべてではないので見極めは難しいですが、明らかに危ないとわかるお客様であれば、なにかと理由をつけて断っておく方がよいでしょう。

断り方についてはこちらの記事でもまとめているので、嫌な思いをする前にあしらい方をマスターしておきましょう。

あまり遠くに行かない

アフターは行き先も自由です。

同伴はその後出勤をしなければならないためある程度お店から近くないといけませんが、アフターはそういうわけでもありません。

それでも、安心なのはお店から徒歩圏内にあるところです。

お酒が入っているお客様の車に乗ることはないでしょうが、タクシーや代行の場合でも、車に乗ってしまうのは危険です。

家からとても遠い場所や知らない場所に連れて行かれていたとしても、途中で降りることができません。

「家まで送る」と言われた場合も、住んでいる場所がばれてしまうのは危険なため、断るようにしましょう。

お客様の提案に任せきりにしてしまうのではなく、ある程度行き先の候補を考えておくと安心ですね。

お店の外でもお客様!

お店から出て普段着に着替えると、どうしても開放的な気持ちになってしまいます。

程よくお酒も入っていると、ついついしゃべりすぎてしまうもの。

少しくらいはよいですが、相手はあくまでもお客様という認識を忘れないようにしましょう。

お店や他のお客様の悪口、自分やお客様のプライベートに踏み込んだ話題はなるべく避けるようにしてください。

のちのち、大きなトラブルになってしまうかもしれませんよ。

アフターがメインにならないように

次回来店につなぐ手段としてアフターを利用するのはよいですが、お客様にとってアフターがメインイベントになってしまわないように注意しましょう。

アフターで食事やプレゼントにたくさんお金を使ってくれる代わりに、お店の滞在時間や支払いが減ってしまった…ということになってしまっては本末転倒です。

「また会いに行きたい」という気持ちが残るように、適度なサービスを心がけましょう。

アフターで次につなげよう

キャバクラのアフターで指名・売り上げにつなぐ

アフターにはお給料アップなどの直接的なメリットはありません。

だからこそ、お客様にとっては特別感を得られるものなのです。

すべてに応える必要はありませんが、ここぞ!という時に利用して、のちの売り上げにつなげていきましょう。

 

▼ナイトアルパ岡山で【キャバクラ】のお仕事を探す!

▼ナイトアルパ大分で【キャバクラ】のお仕事を探す!

ナイトワーク専門求人情報サイト「ナイトアルパ」

 

▼ナイトアルパInstagramはこちら

▼ナイトアルパTwitterはこちら