キャバクラでの会話ポイント

「聞き上手」がキャバクラを制する?キャバ嬢がマスターしたい会話術とは

キャバクラでのお仕事は会話がメイン。

お客様に楽しい時間を提供するためにはちょっとしたコツが必要です。

今回は、キャバクラで使える会話術をご紹介します。

 

キャバクラでは「聞き上手」になろう

キャバクラでの会話は「聞き上手」を目指そう

キャバクラでのお仕事のメインは接客。楽しい会話を展開することが求められます。

「頑張って面白い話をしなくちゃ!」と思いがちですが、キャバクラで好まれるのは「聞き上手」な女の子です。

キャバクラを訪れる理由は様々ですが、「話を聞いてほしい」「共感してほしい」という思いを持っているお客様は多いでしょう。

まずは、「聞き上手」になるために意識したいことをご紹介します。

話しやすい雰囲気作り

「聞き上手」になるには、「この子なら話を聞いてくれそうだな」と思わせることが大切です。

スムーズに話し始められるような穏やかな雰囲気を身にまとうことが、「聞き上手」の第一歩。

なにか鋭いことを返してやろうと身構えるのではなく、まずはストレスなく話し進められるような空気でお迎えすることを意識しましょう。

適度な相づちとうなずき

お客様のお話中は、「聞いていますよ!」というポーズをとるのを忘れないようにしましょう。

適度に相づちを挟むことによってテンポが生まれるので、お客様も話しやすくなります。

お酒を作っている最中など、作業をしながら話を聞くのは難しいこともありますが、おざなりにならないように注意しましょう。

「もっと聞いてほしい!」で指名もゲット

お客様の話に対して、うなずいているだけでは会話が途切れてしまいます。

「聞き上手」は、聞くだけでは成り立たないのが難しいところです。

うまく会話を促したり、質問を挟んだりして、お客様に「気持ちよく話し続けてもらう」ことが楽しい空間を作り出すコツです。

「○○なんだよ」「へえー!○○なんですか!」というように、お客様の言葉をおうむ返しにするだけでも、なんだか会話が盛り上がっているように感じていただけます。まずはそこからスタートしてみるのもよいでしょう。

そうしてどんどん会話を展開していけば、「もっと話したい!」という思いから指名につながることもあります。

「もっとお話を聞きたいから、もう少しここにいてもいいですか?」と指名を促すテクニックも持っておくとよいですね。

キャバクラでの会話とは

キャバクラではどんな話題が求められる?

キャバクラでは「聞き上手」な対応が求められる!とはいえ、こちらからなにも話さなくてよいわけではありません。

会話が止まってしまった時や、あまりお話をされないお客様が相手でも困らないように、話題をストックしておきましょう。

まずはお客様の持ち物をチェック!

テーブルについたら、まずはお客様の持ち物や着ているものをチェックしましょう。

第一声で「すてきな時計ですね!」と始めることもできますし、会話に詰まってしまった際の救世主にもなります。

さらに、お客様の持ち物や髪型、服装などを話題にすることで、「自分に興味があるのかな?」と思わせることができるのです。

オーバーなリアクションをしすぎると嘘っぽくなってしまうので、お客様ごとに適切なラインを見極めましょう。

趣味の話題を引き出す

初対面の相手との会話では家族やお仕事の話題は定番ですが、キャバクラではNGな場合があります。

そういった日々のしがらみから逃れるためにキャバクラを訪れている方も多くいることを頭に入れておきましょう。

キャバクラでは、よりパーソナルな部分の話題の方が無難な場合があります。

そのうちのひとつとして、趣味の話題は効果的です。

お客様の持ち物や見た目から引き出してもよいですし、「お休みの日はなにをされているんですか?」という一言で話題を振ってもよいでしょう。

自分と共通の趣味だった場合は、「私もすきなんです!」と話を広げることができますし、非常に盛り上がります。

ただ、自分がその「趣味」の内容についてとても詳しい場合は、お話の主役を奪ってしまわないように注意が必要です。

共通の話題が見つかるとどんどんしゃべってしまうこともありますが、会話の主役はあくまでもお客様です。

一方的にまくしたててしまわないように、「聞き上手」な対応を意識しましょう。

また、まったく知らない話題になった際には、「教えてもらう姿勢」を示すと喜ばれる場合があります。

お客様のトーンに合わせてリアクションも工夫しましょう。

「おすすめのお店」で同伴につなげよう

「このあたりでおすすめのお店はありますか?」という話題は意外と効果的です。

お客様からおすすめのお店を聞き出せたら、しっかりと覚えておきましょう。

その場で「行ってみたい」と言ってみるのもよいですし、お客様が帰った後にメールなどで「今度連れていってくださいね!」とアピールしてみるのもよいでしょう。

うまくいけば、次回の同伴出勤の約束ができるかもしれませんよ!

ナイトワーク専門求人情報サイト「ナイトアルパ」

聞かれたことにはどう答える?

キャバクラでの会話、聞かれたことにはどう答える?

会話のなかでお客様から質問されることもありますね。

その際には、必ずしも本当のことを答えなくてもよいです。

特に、本名や住んでいる場所など、あまりにも踏み込んだ質問はうまくはぐらかすことも必要です。

それ以外にも、答えたくないことなどは嘘をついてもよいですが、どう答えたか忘れてしまわないようにしましょう。

また、一緒に働くキャバ嬢さんやボーイさんとは話を合わせておくことも重要です。

思わぬところで嘘がばれてしまい、トラブルにつながってしまった…ということにならないように、細心の注意が必要ですね。

会話を磨いて楽しい時間を!

キャバクラでの会話を磨いて、指名につなげよう

お客様は、あなたと過ごす時間を楽しみにしています。

きれいな見た目ももちろん大切ですが、キャバクラで働くうえでは「会話」をおろそかにしてはいけません。

あなた自身がたくさんの話題のタネを持っていることだけでなく、キャバクラでは「聞き上手」かどうかが求められます。

お客様が気持ちよくお話をできたかどうかは、次回の指名にもつながります。

「聞き上手」なキャバ嬢になって、楽しい時間を提供できるようにがんばりましょう!

 

▼ナイトアルパ岡山で【キャバクラ】のお仕事を探す!

▼ナイトアルパ大分で【キャバクラ】のお仕事を探す!

ナイトワーク専門求人情報サイト「ナイトアルパ」

▼ナイトアルパInstagramはこちら

▼ナイトアルパTwitterはこちら